×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式の二次会の服装

結婚式の二次会の服装について

婚式の二次会の服装にもマナーがあります。一般的に結婚式の二次会に招待された場合、招待状には「平服」と記されている場合が多いと思います。平服とは普段着のことなので、ジーンズやTシャツといったカジュアルな服装も考えてしまうかもしれません。
しかし、結婚式の二次会の服装となると話は違いますね!結婚式の二次会は、より新郎新婦に近くなるパーティーでもありますし、挙式や披露宴に呼べなかった人達を二次会にお迎えして祝う場でもあります。いくら平服と記されていても、結婚式の二次会の雰囲気に合わない服装で出席してしまうと、場の空気を壊してしまうことにもなりかねません。



⇒ 結婚氏のスピーチで迷ったらこちら!

結婚式の二次会の服装には「フォーマル過ぎず、ラフ過ぎない程度の私服」を意識しましょう。場違いにならない結婚式二次会の服装のポイントは、二次会となる会場の雰囲気を考えてから、着ていく服装をチェックすることです。結婚式の二次会の会場をイメージすれば、ふさわしい服装が浮かんでくるはずです。とりあえず、どんな会場でも適応してくれる服装ならば、一般的には男性はスーツ、女性はワンピースやスーツなどの服装ではないしょうか?

披露宴から二次会まで服装

結婚式の二次会の服装は、披露宴の服装とは別にした方が良いでしょう。結婚式の二次会となると、専門料理店やホテルのバーなどが会場となる場合が多いと思いますが、なかにはホテルが会場となり正装スタイルで行うようなニ次会もあります。ただし、いずれの場合も新婦はウェディングドレスという服装のまま二次会へ参加するとは稀なことですし、新婦も二次会の為に服装を着替えるのが普通です。

結婚式の披露宴から二次会まで出席する時の服装は、結婚式の二次会となる会場の情報を事前によく調べて、会場の雰囲気に合った服装を別に用意しておきましょう。また、女性は基本的に新婦よりも目立たない服装を心がけましょう。
また、いくら結婚式の二次会であっても「白」は新婦の色となるので厳禁です。真っ白なドレスやワンピースなどは避けるのがマナーです。これは大切なマナーなので、特に女性の方は注意しましょう。結婚式の二次会の服装は、派手な服装は避け、目立たないようなアクセサリーや髪型で上品さを残すなどの、細かな気遣いも必要になってきます。あくまで主役は結婚をする2人なので、結婚式の二次会の服装にも2人の結婚をお祝いする気持ちが大切なのです。

⇒ Yahooパートナーでかわいい女の子と好きなだけ出会う方法とは?

二次会のみ出席の時の服装

結婚式の二次会のみ出席する場合の服装は、披露宴ほどフォーマルな服装を意識する必要はありませんが、男性ならスーツ、女性ならワンピースやスーツというのが無難な服装です。大切な事は結婚式の二次会となる会場や雰囲気を事前にきちんと確認しておくことです。

二次会の招待状に「平服で」と明記されていたので、ジーンズに派手目のジャケットという服装で二次会に行ってみたら、1人場違いで浮いていたという事にもなりかねませんし、また、その逆の場合もあります。結婚式の二次会は必ず行わなければならないものではありませんし、結婚式や披露宴とは日時を変えて、身近な居酒屋などで仲の良い友人だけを招いたカジュアルな結婚式の二次会もあります。新郎も新婦もジーンズという服装なのに、そんな会場に正装をして行ったら、同じように1人場違いで浮いていたという事にもなりかねません。
結婚式の二次会に着ていく服装を考える前に、結婚式の二次会の会場や雰囲気を確認して、ふさわしい服装を心がけましょう。結婚式の二次会の雰囲気にふさわし服装であれば、特に問題はないでしょう。

結婚式の二次会に着ていく服装はどうしたら良いのでしょうか?いくら結婚式の二次会といっても服装にもマナーがあります。失敗しないように結婚式の二次会の服装をチェックしておきましょう。

結婚式スピーチの例文結婚式の招待状結婚式に贈る名言結婚式招待状結婚式披露宴

経済